本を読む余裕がなかった

最近、SNSでブックカバーチャレンジ、というものが回ってきました。
どうも、今まで読んだ本のブックカバーを紹介するという内容のものらしいです。
それで、読んだことのある本を出してみたのですが、どれも10年以上前の本でした。
ということは、私は10年近く落ち着いて本を読む時間がなかったということみたいです。
たしかに、ここのところずっとバタバタとしていて、落ち着いて本を読むことはできていなかったように思います。
何よりも、本を読もうという気持ちになれなかったということは、心にその余裕がなかったということなんだと思います。
本を読むにはそれなりのまとまった時間が必要ですし、本の内容をイメージする心のゆとりも必要ですからね。
今回のブックカバーチャレンジは、そんなことに気づかせてくれるいいきっかけになりました。